HOME > 症状と対策 > うつ伏せで寝るのはいいの?

症状と対策

うつ伏せで寝るのはいいの?

うつ伏せで寝るのはいいの?

 

本日も雨ですね。

最近多い、ギックリ腰の患者さん。

 

お話を聞いていきますと

うつ伏せで寝ることが多いそう。

仰向けで寝ていても気が付いたらうつ伏せになっているとのこと。

●うつ伏せは英語で

face down

 

顔や筋肉が下がりメンタルも下がりやすいということですね。

うつ伏せは顔を左右どちらかに向かないといけないため、寝違えも招きやすい。

鬱という字も下を向きやすいことからうつ伏せは鬱も発生しやすい。

 

では

●仰向けは英語で

face up  

 

顔の筋肉や運気・色んなものが上がるということなんです。

うつ伏せの患者さんは睡眠による回復も遅く、睡眠障害も招きやすいのです。

患者が病院へ搬送されるときに、あおむけにさせられますようにいい姿勢と言われています。

 

うつ伏せで起こりうる症状

・肩関節の脱臼

・酸素不足による窒息の可能性

 

今日から出来るだけ仰向けで寝てみませんか?

 

淡路クリニカル整体院

淡路クリニカル整体院

住所
〒656-2131 兵庫県淡路市志筑3266-1 関西住建ビル 101号(志筑バス停から徒歩1分 たかたケーキとなり)

フリーダイヤル
0120-997-074

電話番号
0799-62-7430

受付時間
平日    9:30~12:30/14:00~20:00
土・日・祝 9:30~12:30/14:00~18:00

定休日
毎週水曜日

WEB予約も受付中
WEB予約も受付中
LINE@はじめました

診療時間

淡路クリニカル整体院

9:30~12:30
14:00~20:00
9:30~12:30
14:00~20:00
-
9:30~12:30
14:00~20:00
9:30~12:30
14:00~20:00
土日祝 9:30~12:30
14:00~18:00
神戸店のご案内 ZUCCINI
このような症状に効く!
クーポン
スタッフブログ
よくある質問
神戸店のご案内 ZUCCINI

ページの先頭へ