HOME > 症状と対策 > ギックリ腰になったらどうしたらいいの?

症状と対策

ギックリ腰になったらどうしたらいいの?

 

腰痛になったらどうしたらいいの?

腰痛治療の教育は正確な知識を持っていないといけません。

 

 


 

1、ギックリ腰はなるべく動いた方が良い。

昔は寝て安静に!!言いましたが、現在は医学的にも否定されています。

ギックリ腰の急性期は「安静に寝る」は効果的ではなくむしろ回復を遅らせます。

適度に動きましょう。

 

 

 

2、腰痛は一生治らない?

そんなことはありません。

腰痛の85%は非特異性腰痛

心のケアと身体の重心を整えるバランス調整で当院では対処しております。

 

 

残り15%は特異性腰痛

椎間板ヘルニア・・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・4~5%

脊柱間狭窄症・・・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・ 4~5% (坐骨神経痛が主訴)

圧迫骨折・・ ・・ ・・ ・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ 4%

感染性脊椎炎やガンの脊椎転移・・・・・1%

大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患・・・1% 未満

 

 

頑固な痛みが改善されない場合、まれに子宮内膜症の場合もあります。

 

 

まとめますと腰痛は「動かして」治しなさい

という本も出ています。

じっとしていても改善しません。

なるべく仕事に行って動かしながら治すのが改善が早いと言えます。

 

 

淡路島本店 クリニカルカイロきざはし

クリニカルカイロきざはし

住所 兵庫県淡路市中田560-2

フリーダイヤル 0800-900-7430

受付時間 平日・土曜 9:30~20:00
     日曜・祝日 9:00~18:00

定休日 毎週水曜日

WEB予約も受付中

診療時間

クリニカルカイロきざはし
淡路島本店

9:30~20:00
9:30~20:00
9:30~20:00
9:30~20:00
9:30~20:00
日祝 9:00~18:00
神戸店のご案内 ZUCCINI

お知らせ

お知らせ一覧はこちら
このような症状に効く!
スタッフブログ
よくある質問
神戸店のご案内 ZUCCINI

ページの先頭へ